トップページ > フランチャイズ情報 > フランチャイズニュース > ローソンがドラッグストア機能を持つコンビニエンスストア新型店500店計画「ローソン湯島駅前店」で実験中

ローソンがドラッグストア機能を持つコンビニエンスストア新型店500店計画「ローソン湯島駅前店」で実験中

ローソン、薬販売の新型店500店開設 FCで3年後に
2014/5/25 23:50 日本経済新聞 電子版
ローソンはドラッグストア機能を持つコンビニエンスストアを出店する。一般用医薬品(大衆薬)やシャンプー、化粧品などを扱い、フランチャイズチェーン(FC)方式で3年後に500店まで増やす。薬や日用品まで幅広く商品をそろえて消費者の多様なニーズに応える。薬も全て自社で仕入れる方針で、今後の出店の主力にする。「ローソン湯島駅前店」(東京・文京)を昨年10月に改装し、実験を重ねてきた。

ドラッグストアの牙城を崩す勢いになりそうですね。
医薬品でもアメニティのシャンプーや生活用品の需要もあると思います。
薬も全て自社で仕入れる方針とのことで薬のPB商品(ジェネリック?)も出回りそうです。
個人薬局の勢いが無くなりコンビニチェーンに吸収される形となるのでしょうか。


フランチャイズ一括資料請求はこちら(無料)

フランチャイズ本部「加盟店向け資料」用意しました。
資料にはモデル収益・業界の動向・初期投資回収年月のデータが載っています。



電話で債務整理の無料相談

フランチャイズの事業立て直し事業転換、起死回生に債務整理電話相談で借金解決しましょう。 借金24Hメール・電話相談はこちら 債務整理後に借金の圧縮に成功すれば毎月返済をしながらフランチャイズ経営は可能です。 個人再生手続きなどは借金を1/5(MAX100万まで)に圧縮でき不動産ローンなどを除外できるのでおすすめです。

■カテゴリ : フランチャイズニュース ■タグ : , , , .
ザ・フランチャイズ 月刊 食堂 2014年 06月号 [雑誌] ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣 なぜこのチェーンストアは流行っているのか ブックオフの真実――坂本孝ブックオフ社長、語る なぜうまいラーメン屋が突然潰れてしまうのか? (ウズウズ知恵の共有シリーズ) 給与処理が作る会社の底力~社員の能力を開花させる3つのポイント~ (ウズウズ知恵の共有シリーズ) 起業バカ2  ~やってみたら地獄だった!~ 中国で一番成功している日本の外食チェーンは熊本の小さなラーメン屋だって知ってますか? それでもフランチャイズを選びなさい―失敗しないための独立・起業77の法則 5万店もあるんだからコンビニで起業しなさい