トップページ > フランチャイズ情報 > フランチャイズの注意点 > フランチャイズ本部との訴訟問題やトラブル!開業後の収益が予想より悪い?

フランチャイズ本部との訴訟問題やトラブル!開業後の収益が予想より悪い?

フランチャイズをめぐるお店側と本部との係争はかなり多いと思われます。
理由としては運営システムを本部に依存しているわけですが採算やリスクはフランチャイジー側のみが負っている点でしょうか。売上が厳しいと本部の施策に対して非常にネガティブになってしまう場合もあります。本部側も数多くのショップに対して効率性と品質を保たないとなりませんからやむ負えないとは思いますが現場のお店との話し合いで単独で決められるようになるのはシステム上難しいのではないでしょうか。
一番多いケースが、
開業後の収益が予想より悪いことに対する問題で本部が十分な市場調査をせずしかもそのような不十分な調査に基づく売上予測をしたのではないか?という争点です。

よくフランチャイズオーナー募集ページにある「売上予測」の妥当性の部分です。

フランチャイズの一般的問題点について。凡例などもあります。
金井高志弁護士(フランテック法律事務所)

フランチャイズトラブル事例。行政書士の方が解説されています。
行政書士エム・ビー・コンサルティング

宅配クック123をめぐる裁判の一部始終を語っているサイトがあります。ご紹介します。
宅配クック123の元オーナーが語るFC加盟店の真実

加盟希望者が十分な事業経験を有するような場合か否かも重要なポイントです。
トラブル回避のキーワードは自己責任と情報開示

話し合いやシステムや契約変更が難しいと思いますので訴訟はある意味仕方がないことかもしれません。OK waveの質問からです。
フランチャイズ本部を訴訟しようと思います。
どういう問題が起きてどういう裁判が行われているのか参考にされてください。裁判があったからそのフランチャイズに全て問題があるとは私は思っていません。システム依存とリスクバランスが悪い仕組みだからこそある程度の悪い想定はしておくのが定石です。

フランチャイズシステムは、FC本部と加盟店はそれぞれ独立の事業体です。
フランチャイズは会社員や下請けではありません本部がいるからといって責任を必ずしも押し付けることはできません。
フランチャイズの体験記や裁判対策などに以下の書籍を参考にされてください。

廃業して分かったFC契約の怖さ―ファミマ元店主の体験記 (マイブックレット)

フランチャイズ契約裁判例の理論分析

訴訟に負けないチェーンビジネス


フランチャイズ一括資料請求はこちら(無料)

フランチャイズ本部「加盟店向け資料」用意しました。
資料にはモデル収益・業界の動向・初期投資回収年月のデータが載っています。



電話で債務整理の無料相談

フランチャイズの事業立て直し事業転換、起死回生に債務整理電話相談で借金解決しましょう。 借金24Hメール・電話相談はこちら 債務整理後に借金の圧縮に成功すれば毎月返済をしながらフランチャイズ経営は可能です。 個人再生手続きなどは借金を1/5(MAX100万まで)に圧縮でき不動産ローンなどを除外できるのでおすすめです。

■カテゴリ : フランチャイズの注意点 ■タグ : , , , , , .
ザ・フランチャイズ 月刊 食堂 2014年 06月号 [雑誌] ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣 なぜこのチェーンストアは流行っているのか ブックオフの真実――坂本孝ブックオフ社長、語る なぜうまいラーメン屋が突然潰れてしまうのか? (ウズウズ知恵の共有シリーズ) 給与処理が作る会社の底力~社員の能力を開花させる3つのポイント~ (ウズウズ知恵の共有シリーズ) 起業バカ2  ~やってみたら地獄だった!~ 中国で一番成功している日本の外食チェーンは熊本の小さなラーメン屋だって知ってますか? それでもフランチャイズを選びなさい―失敗しないための独立・起業77の法則 5万店もあるんだからコンビニで起業しなさい