トップページ > 飲食関連フランチャイズ(FC) > 牛丼・居酒屋・定食 > 「タニタ食堂を47都道府県に少なくとも1店ずつは設けたい」服部栄養専門学校と提携しFC展開を計画

「タニタ食堂を47都道府県に少なくとも1店ずつは設けたい」服部栄養専門学校と提携しFC展開を計画

タニタ食堂

タニタがシェフ育成 服部学園と提携、FC出店を支援
日経新聞 2014/4/1 2:09
タニタは31日、服部栄養専門学校(東京・渋谷)と業務提携すると発表した。カロリーを抑えた健康的なメニューが人気の「タニタ食堂」の調理ノウハウを外食や給食事業者の調理師らに伝授。フランチャイズチェーン(FC)店の出店を支援する。
タニタの谷田千里社長は同日の記者会見で「タニタ食堂を47都道府県に少なくとも1店ずつは設けたい」とした。タニタ食堂を別会社にしてFC店の展開を本格化する。社員食堂のほか、高齢者向け住宅に併設するレストランなどでメニューを提供する考え。
服部栄養専門学校と「タニタシェフ育成コース」を5月に開く。タニタの社員食堂を担当する栄養士らが講師になる。修了試験に合格するとFC店やタニタ食堂のメニューを提供できる契約を結ぶことができる。
法人に勤務する調理経験5年以上の調理師や栄養士を対象にする。受講基本料金は税別55万円。2カ月間で31種類の定食に取り組む。
タニタ食堂は1食500キロカロリーで野菜をふんだんに使う。野菜の切り方や煮方といった低カロリーでも満腹感を出す工夫を実習形式で教える。

ローカロリーや健康に良い今市場で人気のあるタニタ食堂のノウハウを共有できれば独立される方の支援にもなりますよね。
タニタ食堂も細部まで考えてメニュー開発をし調理しているだけに調理師の人材育成にも積極的なのでしょう。
WIN WIN な業務提携だと思います。

タニタが法人向けに普及を進めている健康管理ソリューション「健康プログラム」で実施するセミナーや拡大する食ビジネスに関わるスタッフとして活躍の場を提供していきます。

料理研究家などのエンターテイメントや栄養士の範囲を超えたシステムを含めた食のプロデューサは今は需要があるのではないでしょうか。
企業の食堂などでも健康管理は重要なテーマとなっています。
■服部栄養専門学校と人材育成・食育事業で包括提携
タニタ食堂の多店舗展開が可能に 「タニタシェフ育成コース」5月にスタート
http://www.tanita.co.jp/cms/common/pdf/press/2014/20140401.pdf


フランチャイズ一括資料請求はこちら(無料)

フランチャイズ本部「加盟店向け資料」用意しました。
資料にはモデル収益・業界の動向・初期投資回収年月のデータが載っています。



安心の大手人気フランチャイズをご紹介

多くの実績と安心の看板認知度でFCビジネスを成功へ導きます。


■カテゴリ : 牛丼・居酒屋・定食 ■タグ : , , , , , .
ザ・フランチャイズ 月刊 食堂 2014年 06月号 [雑誌] ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣 なぜこのチェーンストアは流行っているのか ブックオフの真実――坂本孝ブックオフ社長、語る なぜうまいラーメン屋が突然潰れてしまうのか? (ウズウズ知恵の共有シリーズ) 給与処理が作る会社の底力~社員の能力を開花させる3つのポイント~ (ウズウズ知恵の共有シリーズ) 起業バカ2  ~やってみたら地獄だった!~ 中国で一番成功している日本の外食チェーンは熊本の小さなラーメン屋だって知ってますか? それでもフランチャイズを選びなさい―失敗しないための独立・起業77の法則 5万店もあるんだからコンビニで起業しなさい