2社間と3社間ファクタリングの違いに気を付けろ!早期の資金化を優先しよう

ファクタリングは取引先に入ってもらい3社間ファクタリングにするか、単独でファクタリング会社との2社間、どちらを選択するのかは非常に重要なポイントといえます。今後の取引にも影響を及ぼす場合がありますので安易に選ばない方がいいですよね。取引先がゴネて資金化がなかなか進まない可能性もあります。

取引にリスクがあると判断されると、2社間の取引もファクタリング会社を選ばなくてはいけないでしょうね。様々なファクタリング会社が最近出てきましたし競合も激しいですから、自社にあったファクタリング取引をしていただきたいと思います。

今回は『2社間と3社間ファクタリングの違いに気を付けろ!』についてまとめたいと思います。

審査に喜ぶ男性1本化ローンのユーファイナンス

債権譲渡登記が可能になった

ファクタリングとは企業が所有する売り上げ債権を買い取る金融取引の事を言います。また、場合によっては当該債権の回収も行っています。ファクタリングの仕組みとはファクタリング会社が債権を買い取り、その債券額に応じたお金を支払うというものです。

実は元々はファクタリングとは3社間ファクタリングの事を指していて、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという分け方はありませんでした。ですが、1.債権譲渡登記が可能になったこと2.支払い企業への同意が中小企業にとってはハードルが高いという2つの理由があった為、2社間ファクタリングというものができました。その中でも2社間と3社間のファクタリングがありますが、今回はその違いについて説明していきたいと思います。

ダメ元でメール相談する男性

3社間ファクタリング

まずは3社間ファクタリングについてです。3社間ファクタリングとは1.ファクタリング会社(ファクター)2.お客様(ファクタリングを利用する会社、納入企業)3.売掛先(支払い企業)の3社間で契約を行う事を言います。

ファクタリングは売掛債権によって1.買取ファクタリング(売掛債権を買い取る、譲渡する)と2.保証ファクタリング(売掛債権が支払れることを保証する)に分ける事ができます。

銀行系のファクタリングはだいたいこの3社間取引になります。他にも、手数料が安い場合も3社間ファクターの場合が多いです。3社間取引の方がファクターの回収リスクが軽減されるため、手数料が安くなります。これが3社間ファクタリングの最大のメリットと言えます。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは支払い企業の同意を得ないで行う取引ファクタリングのことです。売掛金がそのまま通常通り納入企業の口座に入金される為、そのままファクタリング会社に入金された金額をそのまま送金することになります。このとき納入企業の支払いトラブルが発生しやすく、3社間ファクタリングよりも2社間ファクタリングのほうがリスクが大きいです。そのためファクタリング手数料が高めになっているのです。

ファクタリングの事実を売掛先に知られるのが困る!という場合はこの2社間ファクタリングを利用するしか無いのですが、高い手数料でも受けてくれるファクタリング会社を探すしか無いでしょうね。実際に2社間と3社間でどちらの利用が多いのかと言うと、圧倒的に2社間ファクタリングを利用する会社が多いそうです。

最短即日~3日以内の入金が可能ですから、2社間ファクタリングで早期の資金化を優先するのがベストかも知れません。2社間ファクタリングの多くが 償還請求権なし(ノンリコース)の契約ですから債務不履行でも支払い義務は発生しないところもポイントです。メリットは多いですよね。

手数料について

ファクタリング手数料の相場は3社間ファクタリングの場合が1%~5%で2社間ファクタリングの場合が6%~40%になります。先程書いたとおり、貸し倒れリスクが3社間ファクタリングより2社間ファクタリングの方が高いです。その為当然2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方がファクタリング審査にも通りやすくなっています。

では、3社間ファクタリングにはデメリットはないのかと言われるとそうではなくて、先程も書いた通り、支払企業の承諾=同意書、承諾書への捺印のハードルがとても高いです。また即日の資金化はできないという可能性が高いです。売掛先に信用不安などのイメージを持たれてしまう場合もありますよね。

ファクタリングは欧米では一般的に使用されて、とても普及されているものなのですが、まだまだ日本では手形や手形割引きが比較的普及している為、なかなかファクタリングというものは知名度の低い資金調達方法です。その為、今後の取引でマイナスの影響が出てしまう場合があります。逆に2社間ファクタリングのメリットは売掛先に通知がされないため、資金繰りが悪いのかなどと余計な勘ぐりをされる事がありません。弊社が売掛先の業績や近況、信用の調査などを行い、債権の存在も問題ない、と判断できれば最短その日の内に買取金をお支払いできます。それぞれにメリットデメリットがあるのでその時に応じて使って欲しいと思います。

今回は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについて説明していきました。

ホリエモン全盛時代に株を担保に企業を買収するなんて方法ありましたよね、それがLBO(レバレッジド・バイ・アウト)です。初期投資で現金を使わずに買収できる強みはありますよね。その資金を赤字会社の立て直しに使えるのです。銀行に融資に行ってもその分野の経験...

売掛金を早期現金化!

債権の回収時までに資金調達できない不足金額を代わりに資金化するファクタリングが大流行!借入金とは違い返済の必要がありません。

日本中小企業金融サポート機構

【郵送ファクタリング】最短30分+送料510円!書類に捺印しポストインするだけなので隙間時間にさっと契約が完了する新しいファクタリングです。安心の全国対応!個人事業主もOK!

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構 東京都港区芝大門一丁目1-21 成和大門ビル6階

ベストファクター

来店不要、最短1日、担保や保証人が不要、平均買取率92.2%、個人事業主もOK!業界最低水準手数料5%~。取引先に知られない2社間ファクタリングも可能。負債にならずに信用を確保。 安心の全国対応サポート!

株式会社アレシア 東京都新宿区高田馬場3丁目2番14号